記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガミーヤの自動着色4(着色ファイル配布と新比較画像)

マンガミーヤの自動着色1改(追加着色ファイル配布)で配布しているトーンカーブファイルを、もう少しでかい画像をつかって比較してみました。

※今まで色付け→縮小(マンガミーヤ機能)をやっていたけど、フィルタによる縮小→色付けへ変えました


比較元
マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色H1.jpg


2pink.txt
     肌色が一番きれい出るやつ、出発点
     グレースケール系最強、
     条件が良ければ手塗並みの色が出る
     カラーの白黒化したものなんかはかなりいい感じの色が出る
     トーンが彩色後薄くなるのが問題
     元が薄いとトーンが見えなくなる場合がある
     原因は明度を上げることで色をつけていることは分かっているが、
     少しでもいじると色が大きく変わるのでそのまま使っている
マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色H2.jpg


3RED.txt
     PINKの弱点の薄いトーンでも発色よくするように調整したもの
     胸のぽっちや、断面向けに濃いいところが赤くなしている(5dark以外この調整を実施)
     Pinkの薄いエリアを濃くしただけのはずが赤みが強くなってしまった
     どう調整しても肌色に見えない色か、こんな感じかしか調整できずに妥協の産物
マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色H3.jpg


4yellow.txt
     RED系が赤すぎじゃね?と気づいて肌の色を出そうとして調整したもの
     ノートPCで異様に色温度の高いものがあり
     そういったものの肌色がまともに見れるように調整している
     普通にモニタだと肌がすこし日焼けした感じの色合いになる
     褐色の肌の女の子がとってもいい色になるという不思議な利点を持つ(下記真ん中を見てね)
マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色H4.jpg



5dark.txt
     PINK系のトーンの発色強化版(仮)
     濃い目にする処理をしながらPINKに近い肌色を出すことに成功したもの
     私の目にはそう見える
     肌に濃いトーンを使っているとトーンから赤い色がにじみだすため
     肌の色の安定のため、胸のぽっちの赤みを減らして
     濃いトーンでも肌が黒くなりにくいように肌色域を拡大した
     私の使用する主力トーンカーブ
マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色マンガミーヤ 自動着色H5.jpg



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。