記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガミーヤの自動着色5(多段フィルタによるマンガミーヤ内調整)

まんがみーやの自動着色関連のほとんどの問題が
自分の環境においてまんがみーやのフィルタ機能の設定で解決できてしまって
ここの更新意欲が駄々下がりな昨今、皆さんはいかがお過ごしですか。

春先ぐらいからほかのフィルタ機能を使て
着色に関して改善ができないかと
新規プラグイン入れたり既存のフィルタを入れて弄ってみましたが
・リサイズフィルタ(発色しにくいトーンを縮小することで発色させる)
・ColorYUY2フィルタ(全体的な色合いの調整)
・トーンカーブフィルタ(肌やぽっちの色合いを狙って調整する)
・レベル補正フィルタ(全体的な濃さの調整)
の4つのフィルタをGiCoCuフィルタの前段に入れてやることで
各フィルタのパラメータ調整だけで
俺の求める色合いに調整できることが判明しました

これらの利点は設定を常に開いたまま間にできリアルタイムに反映される事です
011.jpg
メインのモニタで全画面表示しながら、サブディスプレイでファイル操作とフィルタ操作をすることが可能です。

まずはフィルタの設定ファイルを張っておきます
フィルタ.txt
テキストファイルを開き中身を全部コピーし
フィルタ設定の右下のクリップボードから貼り付けを行うと
フィルタが上書きされます
K4.png
問題ないフィルタ番号7番や8番といったところに上書きするといいでしょう


1.リサイズフィルタ
トーンの点々が濃すぎて色がつかない場合
リサイズを使って着色前に縮小すると発色が改善します
K4.png

トーンをノイズととらえノイズフィルタをかけてやれば
トーンの粒情感を減らし安定した発色を狙えないかと考え
ネット上のノイズフィルタをいろいろ入れてみましたが
いいものが見つからずあきらめていましたが
画面サイズに合わせて縮小を着色前にかけていたものを
低性能な「中間画素法」を用い95~99%の縮小をかけることで
ある程度改善することがわかりました
K5.png
言い方を変えれば低性能の縮小操作で線を滲ませてトーンを平均化させてます
そのため幅1000ピクセルぐらいの低解像度の場合
画質が大きく落ちる場合もあるため縮小回数はファイルサイズに応じて調整が必要です
次に比較を出します

1.処理なし
003a.jpg
2.縮小97%
003b.jpg
3.縮小96%
003c.jpg
4.拡大107%
003d.jpg
4までいえれると原寸と同サイズになるようにしています
縮小拡大操作を行っていくほど胸周りの発色が向上し
吹き出し文字がにじんでいるのがわかります
このように画質も落ちますのである程度好みで調整してみてください。

P019a.jpg
P019b.jpg
P019c.jpg
P019d.jpg
特にこのようなコントラストの高いトーンの場合通常では全く発色しませんが
何回もかけていく毎に余り画質の影響なしに発色していくのがわかります。

2.ColorYUY2フィルタ
今回の一番キモなフィルタがこれでして、このフィルタで
・白を肌のハイライト色に変える(Gain y、Off y)
・コントラスト調整で全体調整(Cont y)
・肌の色を黄色系と赤系を調整(Gain b、Gain g)
の3つの調整をします
K1.png


 -1.白を肌のハイライト色に変える
白黒漫画では肌のハイライトはトーンなしの白が使われます。
ということで白いところを少し灰色気味にしてやり、そこからハイライト系の色を付けてやることで
いい感じの塗っぽく見えることをいじっていて発見しました。
Gain y、Off yを0~-30ぐらいにマイナス側に寄せていくことで色が付きます。
この設定自体、えっちいところ専用設定で
普通の漫画は白で飛ばした方がよい場合が多いです 

 -2.コントラスト調整で全体調整
私が調整した感じ全体のコントラストを落とした方が全体の色合いがよくなったので
Cont yを-10~-25ぐらいに設定しています
この辺りは好みなので弄ってみてください

1.2をいじるとこんな感じになります
002A1.jpg002A2.jpg
全裸なら結構効果があるんですが流石にここにはるのはねぇ?

 -3.肌の色を黄色系と赤系を調整
偶然見つけた設定がこれ
Gain bをプラス側、Gain gをマイナス側にするほど赤みがかった肌色に
Gain bをマイナス側、Gain gをプラス側にするほど黄色みがかった肌色に
なります
これによって赤みを増やして色白風にとか、
拍子に合わせて少し黄色みを増やすというのをフィルタをいじるだけで簡単にできます。

Gain b=0、Gain g=0
003E1.jpg
Gain b=0、Gain g=14
003E2.jpg
Gain b=14、Gain g=0
003E3.jpg





3.トーンカーブフィルタ
K3.png
胸のぽっちが濃すぎて黒い、肌が薄すぎ
なんてときに調整するフィルタで元からいい感じなら無効化します
胸のぽっちが濃すぎて黒い場合はP2の所を右側へいじっていくとほとんどの場合改善します
肌が薄すぎる場合はP4を左寄りにします
P3はそれらの中間値あたりに調整するといい感じになります

無補正
006A1.jpg
P1:0、P2:0.55、P3:0.7、P4;0.85、P5:1
006A2.jpg
このように黒ずんだ胸のぽっちもきれいなピンク色に修正することができます

4.レベル補正フィルタ
K2.png
大きく分けてLowとmiddleの調整になります。
Lowはスライダーを右に移動するほどコントラストが改善するので
黒いところが薄くて色が付いちゃう場合なんかに使います
middleは「(@low+@high+1)/2」の項目を調整します
この最後の「/2」を「/1.8」「/2.4」のようにある程度のバランス改善が見込めます。
味付け程度なので面倒なら調整しなくてもいいと思います。
007A1.jpg007A2.jpg
lowを0から75まで変更するとこのように変わります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。